カニ食べ放題!GW【北海道】旅行。満足すぎるっ!

 
Sponsored links
 

GW・春休みに行く
北海道旅行

どこに行こうか
何をしようか

北海道は広いから
面白そうなところがいろいろ

北海道らしい風景に
どっぷり浸るのもいいよね

普段は見ることできない
北海道の風景を
GW・春休みの北海道旅行で
存分に楽しみたい

 GW・春休み北海道!絶景を独り占め旅行!

GW 旅行 北海道 (2)
引用元⇒http://www.abakanko.jp/seen/scenery/notorimisaki.html

能取岬

GW・春休みの北海道旅行に
北海道らしい風景を求めて
いろいろ探していたら
小さな岬を発見

あまり聞いたことのない岬
「能取岬」へおでかけ

北海道の網走の中心から
オホーツク海沿いを
車で10キロ程
北へ行ったところにある岬

岬からの風景も素晴らしいけれど
道中の景色に感動のため息

これぞ北海道
って感じの風景

岬に向かって
まっすぐにのびた道

海にまっすぐ
つながっているような錯覚

「このまま走ると海に
ダイブしてしまう~」
なんて言いながら
車の中は大はしゃぎ

能取岬では
白黒の縞々模様の灯台と
ニポポと呼ばれる像が
お出迎え

岬に到着して
再びため息

オホーツク海と
遠くに見える知床連山が
壮大かつ美しい

GW・春休みのおでかけは
正直まだ寒い北海道

だからチャンスなのだ

観光客も少ないから
この景色独り占め

こんな贅沢もあったのね

アザラシの生息地にも
なっているから
足元の海も忘れずにチェック

かわいい顔したアザラシが
ヒョッコリ顔を出して
お出迎えしてくれるかもよ

夕日がオホーツク海に沈んでいく
景色を見られたら言うことなし

日の入り前に合わせて
おでかけするのもいいかもね

時間も忘れて
北海道の雄大な景色に
浸れる北海道旅行に
ぴったりのおでかけスポット

GW北海道旅行スポット!花の楽園とは?

GW 旅行 北海道 (3)
引用元⇒http://hokkaido-labo.com/wakka-abiogenesis-flower-garden-4314

ワッカ原生花園

北見市の常呂町にある
ワッカ原生花園は
海と湖に挟まれた
不思議な空間

オホーツク海と
サロマ湖が同時に見られるのが
おもしろい

貴重な景色が見られる
おでかけスポット

網走から車で
1時間くらいのところある
花の楽園へおでかけ

春休みには少し早いけれど
ちょうどGW初め頃から
北海道では
春の花が咲き始める

お花畑とまでは
いかないけれど
かわいい花たちが
迎えてくれる

たくさんの鳥たちの
繁殖地にもなっていて
にぎやかなさえずりが
聞こえてくる

だって
春は鳥の恋の季節だもの

入り口のネイチャーセンターで
自転車の貸し出しもやっていて
晴れた日なら
サイクリングも楽しそう

体力に自信のない人には
観光馬車がおすすめ

普段できない体験を
せっかくの北海道旅行で
チャレンジ

往復2.6キロを
パカパカ揺られながら
のどかに進んでいくのもいいよね

子供も大人も
北海道の自然を満喫できる
おでかけスポット

GW北海道旅行!カニ食べ放題の宿は?

GW 旅行 北海道 (1)
引用元⇒http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/67947/CUSTOM/GW67947111117152350.html

かに本陣 友愛荘

北海道旅行で
絶対食べたいカニ

出来れば
おなか一杯食べたいわ~
という食いしん坊に
おススメの宿を発見

その名も
かに本陣 友愛荘

カニ自慢の宿っぽい名前だわ

場所はJR網走駅から
車で5分

宿泊プランも
いろいろそろっていて
どれにしようか悩んでしまう

やっぱり気になるのは
カニ食べ放題プラン

しかも3種類のカニが
食べられるんだって

こりゃガッツクしかないね

これでもか~
というくらい堪能して
一生分のカニを食べちゃえ

GW・春休みに
カニまみれになれる
おいしい宿に泊まりに行こう

GW・春休み北海道穴場スポットまとめ

北海道の
おでかけスポットは
どこも楽しそうなところばかり

北海道らしい景色も
おいしいカニも
せっかくのGWや春休みに
制覇しちゃえ

能取岬

ワッカ原生花園

かに本陣 友愛荘

GW・春休みの
思い出作りは
北海道旅行に決まり!

GW・春休み北海道穴場まとめ記事はこちら↓

【北海道】穴場スポット記事!まとめ

GW国内人気の穴場情報



5月8日【母の日】プレゼント!送料無料系



姉妹サイト 夏休みの穴場情報!



↓Tポイントで旅行↓






Sponsored links
Sponsored links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ